「 markram 」一覧

NO IMAGE

久し振りの矢山クリニック

 矢山利彦先生とのご縁は、船瀬俊介氏が同郷の先輩であったことからです。船瀬氏との出会いは経営する電気工事会社の社員による喫煙との戦いに一番苦しんでいた頃です。  大阪千日デパートの火災で118名の死者を知ったことが、タバコとの戦いの始まりで...

NO IMAGE

建物を建てる目的は

 建物を建てる目的はそこに住む人、そこを使う人の「命」を守る、これが大儀です。  「命」を損なう建物は、建物本来の目的を見失った建物です。  2015年の春、日本初のKSS構法による一時間耐火の木造4階建てビルが完成しました。建築中、完成時...

NO IMAGE

住まいを建てる・4つの柱

新築の相談に来られる方へは、4つのことを提案し、提供します。 1つ目の柱は地震に耐えられる頑丈な構造。 2つ目の柱は安全な空気。 3つ目の柱は電磁波の影響を少なくする。 4つ目の柱は住む人の想い。どう使いたいのか、住む人に想いの図を...

NO IMAGE

安全な終の棲家・杉板張りの住まいを建てたい

 2017年10月、家を建てることを検討中の方から、愛工房乾燥木材の使用についてと、施工の際は、施工業者を依頼できるのか、とのメールがありました。  5月に池袋で開催された千島学説研究会に参加され、私の講演を聞いた方でした。  半年後の20...

NO IMAGE

住まいより、動物たちの命が先

 昨年7月、新築を計画しているご夫妻が来所された折、乾燥野菜や果物を食べていただくと、ご主人の顔色が一変、建物よりこちらを先にしてください。  その方は、佐久平どうぶつ病院の院長で、自ら山へ入り、キノコや草や葉っぱ等採取したものを使って動物...

NO IMAGE

命を脅かす家から命を護る家に

2017年秋、埼玉県川口市に住む方から一戸建て建物リフォームの依頼がありました。 これより2年程前に、この方が所有する川口市のタワーマンションの1室をリフォームしたいとの相談があって施工業者を紹介しましたが、その時は施工には至りません...

NO IMAGE

ハウスメーカーには違約金を支払い

 2017年8月、東京在住の娘(長女)さんからのメールです。  茨城県に住む1人暮らしの83歳の母が元気なうちに家を建てることになりました。  大手の建築会社に依頼しているが、今1つ納得できないでいたとき、『木・呼吸・微生物・超先進文明の創...

NO IMAGE

杉に囲まれた教室

 2019年6月15日の朝日新聞に、「杉はもう悪者じゃない」、「調湿、大気洗浄化、リラックス効果」の大見出しが出ていました。  内容の見出しは、「がん細胞の増殖抑える可能性」「発達障害の児童落ち着いて勉強」とあり、杉を使った効果が具体的に書...

NO IMAGE

湘南に、新しい風を

 私の著書、「樹と人に無駄な年輪はなかった」(三五館2012年発刊)と「木造都市の夜明け」(三五館2017年発刊)の中で、七田チャイルドアカデミー(当時)池袋教室を紹介しました。代表の市原美歌さんと出会ったのは、2010年の頃でした。  2...

NO IMAGE

小郡森の幼稚園

 4月2日、熊本県山鹿市の(株)ゆうき で稼働中の「愛工房」前に、施主の片山園長ご一家、設計士、製材業者、工務店、乾燥協力会社、私たちが集まりました。  園舎に使用するために、3月30日から、165㎜角4mが63本入っている「愛工房」の中で...

NO IMAGE

これから始まる、『木花(このはな)診療所』

兵庫県明石市に脳外科・てんかん専門の診療所を計画中の、医師が4月来所されました。 全て「愛工房」で乾燥した無垢材を使った「呼吸住宅」。訪れる人たちの心と身体を癒す場をつくることに熱意と情熱を感じる54歳の先生でした。電磁波の害の少ない...

NO IMAGE

杉の木に恥じない生き方を

 6月25日、1年半ほど前から続いていた裁判の判決が出ました。  被告は原告が要求する全額を支払えとの判決です。私は当然のことと受け止めました。  原告の有限会社田中製材工業は、被告の日本強靭化木材株式会社より大型施設の内外装木材を約1千万...

NO IMAGE

日本は発達障害大国 その原因は

 小中学生15人に1人、大人は10人に1人・日本は世界トップクラスの発達障害大国  脳の障害による病気、不可解な行動・犯罪・事故・年齢を問わず全ての人たちが被害者に   2015年4月に環境脳神経科学情報センター代表黒田洋一郎氏のインタビュ...